2010年6月アーカイブ

雨でも走る!

| コメント(843) | トラックバック(0)

先週末は筑波TTレースで3日間、筑波サーキット詰め。レースアドバイザーです。

 

 

DT.JPG

 

このところの出張続きで体調管理がイマイチ、ウエイトも体脂肪もちびっとオーバーしている。

で、金曜日の特スポが終わった後、コースを5周のランニング。

3周を回った時点で仕事が終わった筑波サーキットの職員も合流し、合計5人でファイトォなんて大声を張り上げながら残りの2周を走り、10kmのランニングを終えた。

まあ自慢しちゃうけど、僕がコントロールタワー前でゴールしたとき、職員の4人たちはまだ第2ヘアピン辺りだったけどね(^^)V

ま、いっしょにランニングするだけエライ!! 

 

 

 

TRNG.JPG

 

レースの方は残念ながら天候に翻弄され、アクシデントが少なくない展開となってしまった。

ライダーのみなさん、雨の練習は選んでできるものではありません。

予定していた練習走行日が雨になっても、なかなかできない練習だと思ってキャンセルせずになるべく走りましょうね。

 

 

 

NST.JPG

NS2の100分耐久レース、間もなくルマン式スタートの図。

 

あっ、土曜日はレース後小雨模様だったけど、またまた3周走っちゃいました。筑波のハマは5周走ったみたいだけど...  雨でも走りますよ!?

TRNG2.JPG

 

 

 

 

 

 

いつまで続くコトやら...

| コメント(781) | トラックバック(0)

なぜか僕がオートバイに乗るとき、雨は止む。

そんな晴れオトコの異名を頂いているのが、今年の僕である。

 

もて.JPG

これは先週末のツインリンクもてぎで。

インストラクターとしての仕事だったけど、朝目覚めたとき、雨は激しく路面をたたきつけるように降っていた。

しかし、しっかしである。時間とともに徐々に天候は回復し、お昼前の走行が始まるころにはご覧のようにまったくのドライ路面となった。

しまいには雲の合間からお天道様が顔を出すほど。

天気予報では1日中雨が降るということだったので、レインスーツをバッグにそっと忍ばせてきたんだけどね(^^)V

 

その後のサーキット仕事でも、僕が革ツナギを着ると雨は止み、走行が終了してツナギを脱ぐと夕立のような大雨が降って来る始末...;^^A

よーし、こうなりゃ7月11日に控えているケンツ主催のGS50ワンメイク筑波5時間耐久レース、僕が走っちゃえばいいんだ。そうすれば絶対に晴れる!?

てか、ケンツのイベントは全部僕がオートバイに乗ればいいだけのハナシ。この神話が続く限りね。

てなことで、GS50ワンメイク耐久レースにエントリーしようと思っているみなさん。すでに参加申し込みが始まっていますので、よろしくお願いしますね。

気合いで晴れさせますので!!

 

イベントの夏。

| コメント(795) | トラックバック(0)

 

四国、近畿、東海地方が梅雨入りというニュースが... 間もなく関東もその季節ですね。

まあ、梅雨どきはそれらしく過ごして、その後にやってくる真夏の季節を楽しむ計画でも立てる時間に費やせばいいか。

 

てなワケで、おそらく梅雨明け10日で絶対に好天になるであろう?7月末の土日に、一般公募のケンツツーリング、通称ケンツーを行なっちゃいます。

この企画は以前ブログで「ケンツー大会」としてお知らせしたけど、僕のスケジュールがなかなか合わず、ここにきてやっとフィックスできました。

ケンツー大会の詳細はケンツHPで近日中にアップする予定で、参加人数は20人ほどを予定、1泊2日で長野あたりに出掛けようと思っています。

 

ケンツに来店したことがある人もない人も、老若男女問わず、常識あるライディングが出来る人であればどなたでも結構です。

 ケンツのツーリングというと、日の丸鉢巻で戦闘態勢必須と思われがちかもしれないが、現実は安全運転中心、女性も多く参加して頂いていて、言わば夜の宴会がメインイベントのツーリング!?

来週中には情報UP、日にちは7月24日?25日(裏は8耐だ!)予定。みんなで楽しい思い出を作りましょうね。

 

1338-tsukuba-1.jpg

どこかで見たことがある山... 関東地方の人だったらイッパツで分かる?

 

もうひとつ、GS50ワンメイク5時間耐久レース第2戦(7月11日)も、ぼちぼちエントリー用紙が送られてきています。そうレースまでもう1か月を切ってますからね。

今回はレンタル車の人気が高そうなので、レンタル車エントリーのチームはお早めにお願いしますね?!!

 

 

紫陽花。

| コメント(2892) | トラックバック(0)

今年はカラ梅雨か。

6月も中旬になろうとしているのに、割合と連日晴天が続き、季節を確実に知っている道端の紫陽花も色付いていなかったりする。

もちろん天候は雨より晴れの方がいいに決まっているし、個人的(誰もか)にも憂鬱なジトジト雨は大嫌いだ。

だけど日本の季節のひとつとして、そぼ降る雨の中で力いっぱい咲いている紫陽花を眺めるのもいいかな、なんて思うようになった。

雨の水滴が紫陽花の鮮やかな色をいっそう際立たせる。そう、紫陽花は雨の中で観賞してこそ意味がある。反対に梅雨の合間の太陽の下では、申し訳なさそうに咲いている気がするのだ。

 

以前、二輪雑誌の仕事を死ぬほどやっていた時代、このしっとりと濡れた季節にオートバイを走らせる楽しみを、なぜかふと味わってしまった経験がある。

紫陽花に対する愛着は、たぶんそれがベースかもしれない。

 

P1040226ajisai-l.jpg

 

晴天続きのおかげで、ハマっているランニングの走行距離がさぞかし伸びているだろう... と思ったら連日の出張続きでそうでもなかった。後半の3週間弱を頑張って月間目標を達成するしかない!?

ちなみに先月の2本足走行距離は145kmと目標の150kmにチビっと足らなかったが、まあまあ納得!!

こうしてアスリートに憧れる僕の生活は続くのだ。;^^A

 

 

今年は春らしい春がなかった気がする。

そう、いかにも長い冬が終わりを告げたかのような、あのポカポカ陽気のほんわかとした日がまったくなかったのだ。

冬からいきなり夏日のまるで初夏のような陽気になってしまい、あくる日はまた冬に逆戻りといった塩梅。

そんな日々でも、僕はしっかりとオートバイを楽しんでいる。

 

RSV.JPG

二輪専門誌バイカーズステーションでアプリリアRSV4の試乗。

絶好のバイク日和だった。詳しくは7月1日発売の8月号で!!

 

 

MFJ L.JPG

これは先週末の筑波ロードレース選手権のMFJレディース。25名の女性ライダーが参加、レース自体も見ごたえがあるバトルで面白かった。

印象に残ったのは、負けて悔し涙を流す彼女たちだ。野郎たちも見習えよ、レースに負けてへらへら笑ってないで!

 

 

FUJI.JPG

同じく筑波ロードレース選手権、ST600クラスのスタート前グリッド。

ライダーの右隣、青いシャツは藤原儀彦、往年の全日本GP500チャンピオンで、いまはヤマハmotoGP、M1のテストライダーを務めている。で、ライダーは誰かというと、そのご子息、翔平くん。

レースはスタートで飛び出してトップを疾走するものの、転倒リタイヤ...

 

てな具合で、相変わらずオートバイ漬け、あちこち飛び回り漬け!?