2010年7月アーカイブ

真夏のナントカ:^^A

| コメント(680) | トラックバック(0)

 

しかし暑い!!

ホント、もう笑っちゃうくらい暑い。

僕は常々暑くない夏より暑い夏の方がいいと言っていたけど、こう連日35℃オーバーが続くと、そんなことも軽々しく言ってられなくなった。

 

こうやって暑さをいくら嘆いても、僕は仕事柄、この猛暑の中で革ツナギを着てサーキットを走りまわらなければならない。

だが経験したこともある方もおいでだろうが、猛暑の中でもドヒューンとサーキットをかっ飛ばせればその走行風でなんとか僅かな涼(?)をとれないこともないのだ。

しかし、サーキットのインストラクター仕事は、基本的レコードラインを教える先導走行などでコースを比較的スロー走行するケースが多い。こんなときはもうメチャ暑い。ツナギの中の脊椎パッドやブレスガードを始め各部のパッドが、ありがたいことに超保温効果を発揮してくれて、体温は間違いなく軽く40度を超えているだろう。

こうして数周の先導走行が終わりピットロードに戻ると、次のクラスの方たちが僕の先導を待ってくれている。この猛暑の中、革ツナギを着てでじっと待っている側もかなり辛いものだ。僕は涼む間もなくまたすぐに走り出した。

はい、ピットロード出口で手を挙げて... ピットアウト後の1コーナーはインベタで...

 

この日は先導走行が10グループほどあって(はっきり覚えていない)、合計30周ほどしたのだろうか、やっとチェッカーが振られた。おお、このクラスでやっと終わったぞ、これでピットに戻って少し休むとしよう。もうつなぎの下は汗まみれだし。

水、水、水が欲しいなんてつぶやきながらピットに戻ると、なぜかまたまた15台くらいピットロードに並んでいた。

えっ、終わりでしょ、なんで並んでいるの?

不思議がる僕に、ピットに待機していたサーキットの職員が言う。

「カワシマさん、次は入れ替え先導走行ですよ。ほら、みなさん待ってますから」

うぉー、少し休ませてくれー こんなんじゃ暑くて死んじまうよー!!

 

...ここで目が覚めた。もう汗びっしょり... なんと部屋のエアコンが止まっていた。

なんてリアルな夢なんじゃい!!

 

しかし、夢の中で汗びっしょりの僕をコースに追いやろうとした職員の顔、なぜかはっきりしていた。

それは某サーキットの○○くん、アナタだったぞぉー:^^A

 

梅雨明け!

| コメント(1602) | トラックバック(0)

梅雨明けした途端にギラギラの太陽が照りつけてきた。

この季節は好きな方だが、まだ暑さに慣れていない体にとっては、さすがに猛暑日はキツイ。

朝の涼しいうちに... なんて思ってると、6時半ですでに気温は30℃近い。

ランニングには相当辛い時期だが、5kmも走ると滝のような汗が噴き出し、体重が1kg以上減少する。これは冬場の倍だ。

この夏にどのくらい体を絞れるか、少々Mの気持も交ざって?楽しみでもある。

しかし筋トレが効いてきたのか、それとも暑さの誘惑でときおり口にするビールのせいか、走っていてもこのところは体重がちぃとも落ちない。うーむ...

 

だが体重はともかく、体力は落ちてないなと感じたのは先日のもてぎ。

この日も気温30℃、ライセンススクールで先導走行とフリー走行、ほぼ2時間走りっぱなしだったが、走行後の疲労感は思ったほどでもなかった。

これはけっして思い込みではない。この季節、サーキット走行を楽しむ人、いや、ワインディングロードでも同じだ。ライディングはスポーツだから、ウォーキングレベルでいいので普段からフィジカルを気遣いましょうね(^^)V

 

TRMRS2.JPG

そのもてぎライセンススクールに集まった43人のみなさん。実走行前の緊張のときです。

暑い中、ご苦労様でした!!

失望感から夢へ

| コメント(3244) | トラックバック(0)

昨晩からまたツインリンクもてぎにいる。

出張続きの寝不足解消で昨晩は小学生並みの時間に就寝、そして爆睡。

今朝は老人並みに早起きしてホテルの駐車場を舞台に、午前6時前からランニングに励んだ。

 

いつもながら感じる、この走り始めのどうしようもない失望感。

しかしこれまたいつもながら、やがて少しずつリズムという明かりが見えてくる。

今朝は1時間で12kmのランニングと決めていたから黙々とその時間で距離を消化することに励む。

この駐車場はかなり傾斜がついていてアップダウンのきついコースとなる。

いつも三郷では30分行ってそのまま30分かけて帰って来る、言うなれば30分行っちゃったから、30分走って帰ってこなくちゃならないという半強制的ランニンングだった。

ここ、駐車場はただただグルグル同じところを走り回らくちゃならない単純な辛さがある。

 

20分ほどすぎたころ、雲の合間から真夏の太陽が顔を出し始めた。茂木の朝陽といえどその日差しはかなりのもので、とたんに体中から汗が噴き出る。

この季節、時速12kmで1時間はかなりきつい。自分に渇を入れないとかなりメゲる。

走りながら、サブ4どころか42,195kmだって夢のまた夢なんじゃないかなんて弱気になるが、そのための階段を今日またひとつ上るのだ。とりあえず今日の目標を達成して。

 

なんとか時速12kmのぺースを保ったまま1時間のランニングを終えた。

 

さあ、いよいよ梅雨明けも間近かだ。

 

RST2.JPG

これは先週の木曜、もてぎでNEWツナギをおろしたときのお約束儀式。

ポーズまでつけるなっての!?

 

 

RST.JPG

そのNEWツナギはRSタイチです。カッコいいでしょ。

デザインがほとんど変わっていない?という声も...;^^A

 

 

 

またまたまとめてブログ書き?;^^A

 

先週の土曜は年に一度のMFJインストラクター講習会、あたふたと中央区の会場に駆け付けた。

僕はパネリストとして受講者のみなさんの前で「実務経験から見た現状の問題点と...」なんていうテーマで時間をいただきました。

で、終了後は翌日開催するケンツ主催のGS50ワンメイク5時間耐久レースの準備のため筑波に直行した。

 

GS500.JPG

翌日の日曜は、梅雨まっただ中にもかかわらず、ときおりお日様も顔を出す天候の下でルマン式スタート!!

 

GS501.JPG

5時間先のゴールを目指してゴオォォォォ!!!

 

GS503.JPG

5時間の間はずーっとドライのまま、無事チェッカー(^^)V

このGS50ワンメイク5時間耐久レース第2戦の詳細レポートはHPの方でも間もなくアップしますのでお楽しみに?

 

で、翌日の月曜(つまり昨日)は二輪専門誌バイカーズステーションの仕事!

ニューモデルのテストです。

DTC1.JPG

テスト車は最新鋭ウェポン、ドカティ ムルティストラーダ1200S。 でで、でかい!!

 

DTC3.JPG

こっちも同じくムルティストラーダ1200Sの仕様違い。

 

DTC2.JPG

どちらも「血ィ吸ったるでぇ(まーちゃん談)」のモスキート顔してます。怖っ!

 

BMW.JPG

そしてもう1台はBMW R1200GS(これもデカっ)の3台。

このデカデカ3台で...

 

オフロード.JPG

こんなオフロードに乗り込んだ。ほほ、本気かっっ!?

 

じつはこの3台、トラクションコントロールやABS、サスペンションも電子制御という最新デバイスを装着しており、オフロード門外漢の僕でもダートでダーッと(オヤジギャグでしぃません)リヤを流して遊べた(^^)V

 

で、今日。ケンツで夕方まで仕事して、その後あす開催されるもて耐公開練習のアドバイザーのためツインリンクもてぎに出発。

今日は朝から涼しかったけど、もてぎはなんと気温が...

19C.JPG

19℃!! もてぎをナメてはいけませんな;^^A

もてぎロードレース

| コメント(2894) | トラックバック(0)

 

先週末はもてぎロードレース選手権のアドバイザー。

梅雨まっただ中でも、なんとか1日中ドライコンデションのままで終了した。

 

3TMR.JPG

ST600のスタート前グリッド。すべてのレースもコースコンデションはドライ。

 

今回は東コースでの開催だったけど、管制室のモニターがすべて液晶に刷新されてました。

2TMR.JPG

このモニターで東コースのすべてを管理している。ズームアップでけっこう細かいところまで見えるから、ライダーさん気をつけて...;^^A

ちなみにポストから「コース上に落下物あり」なんて一報が入ると、カメラをズームアップ、「落下物はブーツセンサーで、レコードライン上ではないですけど念のためオイルフラッグ提示してください」なんて指示を出します。

 

で、サプライズでこんなことも...

1TMR.JPG

JSBクラスで優勝した中村選手がチェッカー後、10年以上付き合っていた彼女に

「ぼ、ぼ、ぼ、ぼくとケッコンしてくださいっ」ってコクりました。

受けてもらえてヨカッタね(^^)V  おめでとう!!