2010年11月アーカイブ

 

先週末は金曜日から日曜まで筑波耐久茶屋で筑波サーキット詰め。

ところがところが木曜日の晩、急に背筋にゾクゾクッと悪寒が!

体温計は39度をオーバー、ああ、やっちまったよ;^^A

 

ショウガスープと卵酒で応急処置してベッドに潜り込んだ。

明日は茶耐のビギナースクールがあるので、這ってでも行かなきゃ...

 

3℃.JPG

 

翌朝、熱は37度台まで下がっていた。

で、筑波サーキットにたどり着くと、気温は3℃だった。 

この日は1時間の座学2本と、ビギナー先導走行2本のメニュー。

気合いだあぁぁぁ

 

4時ちょっと前にすべてのメニューをこなし、速攻で薬屋に行って風邪薬と栄養ドリンクをゲット。

そして体中に乳酸が溜まったような感じで筋肉痛の症状だったから、ビタミン剤も買った。

晩飯も食べずに宿のベッドでバタンキューでした;^^A

 

100.JPG

そして耐久茶屋のほうは、土曜の125cc、日曜の100ccの両レースとも好天に恵まれました。

大きなアクシデントもなく、2日間が終了!!

 

100決勝.JPG

100ccではダンロップのニュータイヤを履くチームが優勝。

DMCの野口さん、ちょっとウルウルだったんぢゃないですか?

 

昼間は37度台、夕方から38度に上昇するパターンの毎日だったぜ。

ああ、なんとか3日間もった(もたせた)からヨカッタ...

 

ま、今回は今年最後のレースだし、アドバイザーとして欠席はできなかったからね(^^)V 

 

 

 

晩秋...

| コメント(719) | トラックバック(0)

 

遠くの山々が秋の色付きから、そろそろ冬化粧を始めようとしている。

 

秋茂木.JPG

 

ホントに1年は早い。

あと1週間で師走を迎える時期となって、今年の帳尻を合わせるが如く、じたばたする日が続く。

明るい話題が少なく世知辛い世の中だが、間もなくそこらじゅうに鳴り響くクリスマスソングと、きらびやかなイルミネーションが多少なりとも人々の心の潤いとなるのか...

 

いきなりだけど、小春日和っていいよね(^^)V

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな季節になりました。

ツインリンクもてぎのイルミネーション、綺麗でした。

先週末はちょっとDE耐!と、もてロー最終戦で3日間もてぎ詰め。

イルミ.JPG

 

 

土曜日に開催されたちょっとDE耐!は3時間半の耐久レース。5月の半分の時間といえど、ドラマたっぷりのレース展開でした。レース後のパルクフェルメに仮保管されたスナップ。完走されたみなさん、とっても嬉しそう。

パルク.JPG

 

 

そして日曜のもてロー最終戦が終了し、サーキットに夕闇が迫るころ...

夕焼け.JPG

 

 

泣くなマコリン!!

レース事務局で行われた終了ミーティング、同僚の人事異動でトイレットペーパーを大量使用してナミダしたマコリン。

大男には気のイイ奴が多いって、昔っから言われているのもうなづける。

ちょっとホメすぎ?

泣くな.JPG

 

スポーツの秋、全開!!

| コメント(865) | トラックバック(0)

 

ホントにスッキリした秋晴れの幸せな日々が続く。

11月3日は筑波サーキットのコース1000で、ケンツ主催のGS50ワンメイク5時間耐久レース。

スタートして2時間になろうという、まさに白熱のバトルが繰り広げられている最中に、あまりにもいい天気なのでピットの上から筑波山をパチリ。

GS2.JPG

 

 

筑波山の反対側を向くと、コースでは白熱のバトルが...

年間チャンピオンがかかっている戦い、ピットサインマンも熱い?

この模様は、またホームページでたっぷりとレポートしますね。

GS1.JPG

 

 

そして先週末はテイストオブ筑波。

いつものようにサーキットアドバイザーとして参加、エントラントさんのオートバイをチェックしていたら...

こんなユーモラスなステッカーを発見した。

センスもよくてメッチャ面白いけど、本家からクレームが来ちゃったりして;^^A

TOT1.JPG

 

 

日曜の決勝レースはパドックのみならず、このようにピット上も超満員、いまさらながらTOTの人気の高さを再確認した。

サーキットの正門から「プリーズギブミー ゲストパス」というケータイを僕にかけてきたのは...

今年のJSBチャンピオンとJSB卒業ライダーでした(^^)

面白そうだから観戦しにきたんだとさ。

TOT2.JPG

 

 

| コメント(667) | トラックバック(0)

 

紅葉.JPG

小雨に煙るツインリンクもてぎで、秋を見つけた。

今シーズン初の秋らしい風景にちょっぴりうれしくなる。

 

そして今日。白いベレー帽をちょこんと頭に載せた富士山が見えた。

仕事に追われつつも、ふと足を止めて季節と景色を感動する日が四季折々に必ずある。

それが日本だ。

 

さっ、せいぜいこれからの季節を楽しむとするか。