2011年3月アーカイブ

やっと...

| コメント(4437) | トラックバック(0)

 

昨日今日と三郷はポカポカ陽気で、ずいぶん春らしくなって来ました。

この春の暖かさを被災地の方々に一刻も早く届けたいものです。

 

で、ケンツにニューカマー登場です。

GSX-R600L1.jpg

GSX-R600L1、今週末の人気者になりそう;^^A

 

早く暖かくなれ!!

| コメント(168) | トラックバック(0)

 

間もなく4月だというのに、震災以来なぜか寒い日が続いてしまっています。

桜がほころび始め、南風が吹き、春の息吹が感じられてもおかしくない暦なのに...

被災された方々に1日でも早く春の暖かさが訪れ、少しでも心が休まる瞬間が生まれることを期待しております。

 

チリも積もればなんとやらです。少しでもいいから、できることをみんなでやりましょう。

ご紹介できるのは... 

日本赤十字社東北関東震災義援金.htm  

僕が実行している「買ったつもりで募金」はいかがですか?

買う予定だった、欲しかった〇〇を買ったつもりで...(^^)V

 

 

 

いま出来ることは...

| コメント(699) | トラックバック(0)

 

ここにきてやっと仙台や福島の友人知人と連絡が取れた。

無事を確かめたのちにいまの状況を聞くと、やはり悲惨という言葉のひとことだ。

また、食糧などの救援物資がすぐ近くに来ているのに、その輸送手段、つまりトラックやクルマの燃料が手に入らないからそれを取りにいけない、という悲痛な訴えを聞くとこちらは声も出ない...

食糧や燃料がいま一番必要なのは間違いなく被災地だ。僕らが彼らにいますぐ応援としてできること、それは節電に始まり、不安心理によるスーパーでの買占め行動の自粛、また無暗にクルマに乗らないことなどだろう。これらをみんなで実行すれば、それは間違いなく大きな救援活動になる。

 

三郷も連日停電が続く。

僕が子供のころは現在のように発電インフラが完璧に発達していなかったから、台風などの災害ではしょっちゅう停電を経験した。昨日の蝋燭の明かりでそのころを思い出した。

思ってみれば、これまで東京電力、そして福島原発にもたくさん電気を貰って快適な生活をしてきたのだから、この数時間の蝋燭生活なんて屁でもない。そう、被災者の方々にことを思うと、僕らは温かい布団にくるまって寝れるだけでも感謝しよう。

 

ケンツは今日まで臨時休業しますが、明日の土曜からは営業します。「緊急用に奥から引っ張り出した原チャリが動かない」というSOSもあるし、いま出来ることを出来るだけやってゆきたいと思います。

 

最後に、現在仙台や福島で救援物資を引き受けて頂けるベース基地を探しています。

いまアイファクトリーの五百部さんが救援物資をトラックに積んで東北に向かっています。その後方支援と言ってはなんですが、僕も出来ることを手伝いたいと思っていますので、ぜひベース基地を引き受けていただける方、ご連絡を!

 

 

震災から3日経って...

| コメント(832) | トラックバック(0)

 

三郷は被災地でもないくせに、街全体がパニクッている。

 

計画停電で武蔵野線やTXといった公共交通機関は止まり、道路は至るところで大渋滞、ガソリンスタンドは売るガソリンがなくて半分以上の店舗が休業で、かろうじて営業している店では数十台のクルマが道路に列をなして給油待ちをしており、この渋滞を手伝っている。流山橋では出前カブとプリウスが接触事故を起こしたのだろう、人の迷惑を顧みず道端で口論している。僕はスクーターで渋滞を横目に銀行へ行ったり、市役所へ車両登録に行ったり、こういったとき機動力の高い2輪車を誇らしく思う。渋滞で停まっているクルマを観察するとほとんどが1人乗車で、いささか疑問も生じてしまう。こういうときに対して、普段からオートバイの利便さを見直してほしいと思う。

 

三郷も午後3時過ぎから7時まで計画停電を行うというので、ケンツも早目に閉店し食料品の買い出し(一人暮らしなもんで;^^A)に行くことにした。行ってみて驚き。数軒回ったスーパーマーケットにもそしてコンビニにも食料品はほとんどないのだ...

震災で流通の状態が悪いのか、それとも利己的な買い占めなのか。

 

また計画停電だが、もちろんそれ自体はやるべきことであると思う。だがその発表が昨日の明日で、しかも予定時間の寸前まで行うだ行わないだ迷走し、民衆のパニックをより誘っている感じがしないでもない。計画として発表しているのだから、潔く実行すべきだったのではないかと個人的には思う'。

福島原発の事故発表もイマイチすっきりしない会見が続く。放射線量は微量だとか爆発規模は小さかったとか、おまけに素人にはわからない専門用語を並べて鎮静化に躍起になっているようにも見える。もちろんいたずらに不安を煽る報道はNGであるのはいうまでもないが。

 

じつは僕のお袋の実家が福島なのだ。親戚も友人もたくさんいる。

当然誰とも連絡がとれないから余計に不信に思う。

 

こう言っている間にも、被災されてただただ救助を待っているが方いるのだ。出来るだけ多くの方が救出されることを心から願っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

東北地方太平洋沖地震...

| コメント(1709) | トラックバック(0)

 

そのとき、僕は筑波サーキットにいた。

翌日の筑波ロードレース選手権を控え、特別スポーツ走行のレースアドバイザーとして。

 

僕は幸いオートバイには乗車していなく、パドックを巡回中だった。

かすかな揺れを感じ取り、あれっ目眩かなと一瞬思ったけど、駐車中のトランポが左右に揺れているのを見てすぐに地震だと気が付いた。

次の瞬間、あの巨大なコントロールタワーが大きく左右に揺さぶられ始めた。それはちっとも大げさな表現ではなく、建物自体が左右に2ー3mくらい動かされているのを、この目ではっきり確認できたくらいだ。

「外側のガラスが落ちてくるかもしれないからタワーから離れて!!」 僕はタワー周辺にいる人たちに大声で叫んだ。

ガラス張りのタワーの中では、3階にある棚や機材が次々に倒れてモノが粉々に散らばる様が、外からでも見えた。

どのくらいの間揺れたのだろうか、女性の悲鳴が聞こえるなか、これまで僕が体験した地震の中で初めて命の危険を感じた。

 

幸い筑波サーキットにいた人々は落下物で軽傷された方が1名だけで、あとは全員無事だったと聞いている。

 

16時過ぎまで行う特別スポーツ走行は即中止。そして通信網遮断で情報がほとんど取れない状態だったが、ワンセグなどで東北地方や北関東地方の悲惨な状況を確認し、協議の上、翌12日の筑波ロードレース選手権も中止と決定した。

 

サーキットにいるみんなが呆然としていたが、その30分後の2回目となる茨城沖震源の地震もかなり大きく、コントロールタワーがギシギシきしむ大きな音が聞こえたぐらいだ。今度は本当にタワーが倒れてしまうのではないか思った。

サーキット内は1度目の大きな揺れですでに停電しており、その後も余震が何度も続くので建物の中には入れない。

さらに各部を点検したところ、パドックに続く1コーナーのトンネルにわずかな亀裂が見つかったのでトンネルは通行止めとし、エントラントはサブゲートからコース横断で出てもらうこととした。道路はどこも大渋滞が予想されるが、みんないそいそと帰り支度をし始めた...

 

地震から2時間半経ってほとんどのエントラントが帰ったあと、僕も帰路に着くことにする。常磐などの高速道路は全面通行止めだから、ナビを駆使して一般道で帰る作戦だ。携帯電話などはまったく通じない状態、メールも30分から1時間ほど遅れて通信できる状態だから、みんなの安否確認ももどかしい。

帰路は予想以上の状況だった。民家の屋根瓦落下に始まり、塀の倒壊、はては電柱の折損だ!

信号機停電はところどころで見られ、幹線道路は大渋滞である。裏道を駆使し、サーキットから3時間ほどで芽吹大橋まで辿り着くが、停電であたりは真っ暗、もちろん信号機も機能していなかった。救われたことはクルマのみんなが落ち着いていて、交差点では1台づつ譲りながらの交互通行が行われていたことだ。

しばらくして尿意にガマン出来なくなってコンビニに寄る。ここでも予想した通り、おにぎりやパン、お菓子といった食べ物はまったくなく、棚がきれいにカラッポ状態だった。あるのは漬物や梅干しくらい...

こうして5時間近くかかって三郷に着いた。おかげさまでケンツにはほとんど被害はなかった(あっ、プレミアムガレージオーナーのみなさん、中のオートバイは全部無事ですよ)。

 

今日になって東北地方などの悲惨な状況がTVなどを通じて明らかになってきた。なんと言っていいか、想像を絶する被害...

被害に遭われた方には心からお見舞い申し上げます。

 

 

 

 

出張は続いて...

| コメント(1727) | トラックバック(0)

 

冬の最後の抵抗は続き、7日の月曜日はまたまた雪が降った。

で、翌日8日は月刊バイカーズステーションのテストがあって...

 

雪.JPG

ワインディングロードに向かって8日の早朝に都内を出たが、案の定、箱根新道ではまだ小雪が舞っていたりして... はたしてテストはできるのかっっっ???

 

 

S&O.JPG

ところがところが、お山の南側に来たらこんな晴天に。さすが晴れオトコここにあり!!

写真はテスト車の前で晴天に狂喜乱舞する、10数kg減量に成功したサトーヘンシュウチョーとカロリーオザワさん。

 

 

空.JPG

ほら、こんなに春めいちゃったりして...

結局1日中オートバイで走りまくって楽しめちゃいました。

 

 

GSR750.JPG

で、翌日9日はスズキGSR750、GSX-R750L1、GSX-R600L1の発表会に駆け付ける。

この3台のニューカマー、なかなか期待できそうです!!

 

出張週間第1弾。

| コメント(3438) | トラックバック(0)

 

先週の木曜日はTRM(ツインリンクもてぎ)で、1day Get ライセンススクールのインストラクター。

これを受講すれば、もてぎのサーキットライセンスとMFJ国内ライセンスが1日で同時に取得できる、かなりお得なスクールです。

 

 

TRM1.JPG

朝8時半から始まった開校式でのインストラクター紹介のあと僕はピット移動、受講生さんたちのオートバイを全車拝見させてもらいます。

目的はサーキット対応の車検です。全車合格でしたが、チェーンの張り過ぎやたるみ過ぎ、ブレーキのエアがみなどは時間がある限り調整していただきました。

走行前のこの車検ですが、たまにクギが刺さっている車両があったりするんですよ;^^A

 

 

TC4.JPG

その間、教室では五百部インストラクターの座学です。

座学はサーキットを走るうえで必要なルールやマナーを勉強してもらいます。講義が終わった後、筆記試験があるので、みなさん真剣に聞いてくれてました。

あっ、試験会場にはケータイ持ち込み禁止でした ←ウソです。 時事ネタ...;^^A

 

 

TRM3.JPG

午後から実技走行。僕らインストラクターの後ろに着いてレコードラインを学んでもらったり、もちろんフリー走行もあって、そこではダミーフラッグが出たり、ダミーの救急車がコース上を走っていたり... カリキュラムはけっこう豊富です。

この日は北風がめっちゃ強くて気温も低く、両手はかじかみっぱなし。

3月3日ひな祭り寒波だって...

 

 

TC1.JPG

翌日は筑波サーキットで筑波TTレースのアドバイザー。

写真はダンロップサービスブース。朝から山のようにタイヤを積んでなにやら忙しそう。

新しいUB2がエントラントさんに好評みたいで、サービスのノグチさんも喜んでました(^^)/

この日はスポーツ走行&特別スポーツ走行。昨日同様北風との戦い...

あっ、昼休み時間に行ったスタート練習ですが、参加されたみなさん、ホントに上手でした。ちょっと嬉しかったので書き加えておきます。

 

 

 

TC2.JPG

翌5日土曜日は決勝レース。朝から真っ青な空に恵まれ、全レースとも大きなアクシデントもなく無事終了。レースアドバイザーとしては、これがなによりですね。

 

 

TC3.JPG

最後にレース終了後のケンツ走行会をパチリ。

参加されたみなさん、楽しんでいただけましたか?

 

どれどれ

| コメント(2452) | トラックバック(0)

 

って、なにやらアヤシイ恰好で覗きやってます...

覗き.JPGのサムネール画像

じつはKH250のプラグホールからファイバースコープを突っ込んで、ピストンやシリンダーの状況を確認しているところ。

意外とよく見えるから使えるヤツです。

 

スコープ.JPG

これがそのファイバースコープ。れっきとした特殊工具として購入したんだけど、どうも医療用をモディファイしたみたい。

それなりに高かったよぉ;^^A

 

 

KHシリンダ.JPG

ありゃりゃ、ピストンにダキツキの跡が見えるなってんで、まずヘッドを取ってシリンダ壁も確認。

20年前のオートバイだから、ボルト1本緩めるのも慎重に...

 

 

KHピストン.jpg

すでにオーバーサイズのピストンが入ってました。

もう一度ボーリングしてもう1ランク上のオーバーサイズにして、シリンダーやヘッドはサンブラかけて綺麗にして、チャンバーも入れて... 

オーナーさんの思い入れはめっちゃわかります。だって同世代だもん(^^)V