2011年5月アーカイブ

 

5月最後の今日、なんとかお天道様が雲の合間から顔を出したけど、この何日かはしばらく梅雨空が続く予報。梅雨入り宣言すると好天が続くジンクスは、今年に限ってはないようですね。

 

ケンツ駐車場の花壇に咲いているツツジの花が見ごろの季節でもあり...

つつじ.JPG

 

TOTからやっと動き出した筑波のレース。6月に入って今週土曜日は筑波ロードレース選手権、そして4週めの土曜日は筑波ツーリストトロフィレースと、いつものペースに近づいて来たことが素直に喜ばしい。

僕と参加者のみなさんの念力で、この2レースともゼヒ晴れさせましょうね(^^)/

 

また路面の大部分を補修し直しすという大作業中のツインリンクもてぎも、6月19日の日曜にDE耐!公開練習が開催され、これが2輪の再開イベントとなります。震災以来、3ヵ月以上のコース閉鎖から、ようやくもてぎが復活する。もちろん僕もアドバイザーとして行きますので、新しくなった(コース補修でね!)もてぎを精いっぱい楽しみましょう!!

もうひとつ、もてぎで6月28日に1day GET MFJライセンススクールが開催されます。これは午前中は座学、午後はコースを実践走行というカリキュラム。この1日の受講で、もてぎのサーキットライセンスとMFJの国内ライセンスが同時にゲットできるという、かなりお得なライディングスクールです。

通常はまずもてぎのライセンスを取得してから、さらに別途もてぎに出掛けてスポーツ走行で合計3時間以上サーキットを走らないとMFJライセンスは取得できません。例えば1日の走行で30分2本走っても、3日間もてぎに通わなくてはならない... この費用と時間を考えると、1day GET ライセンススクールは絶対にお得ってことが分かると思います。興味のある人はもてぎのHPで「2輪スクール・走行会」をクリックして申し込んでくださいね(^^)V 

僕もインストラクターで行く予定ですよ。

 

 

NEWツーリングスポット!?

| コメント(2216) | トラックバック(0)

 

いきなりですが...

 

モックアップ.JPG

右側の茶色はGSX1400エンジンのモックアップモデル。

すごいよねー、こんなものを粘土で作っちゃうんですから。

 

 

竜洋TC.JPG

これは静岡県の航空写真がフロア一面に貼られており、その一部分をパシャリ。

どこだと思います? 

答えはスズキの竜洋テストコース。遠州灘沿いにあるのが一目でわかりますよね。超長い2.5kmのストレートで出切ったトップスピードから進入する200R、ハヤブサでも6速全開のままクリアするピット前右高速コーナー、そしてブラインドのまま突っ込むS字など、ここを走ったことがある人にはそのコースレイアウトが面白く目に映ると思います。

ちなみに僕がテストで竜洋コースを初めて走ったのは1977年。それ以来でここを何百周走ったことか。 いや、3ケタの数字になってるな;^^A

 

 

袋井.JPG

調子に乗ってもうひとつ、こちらは内陸にあるヤマハの袋井テストコース。やはり長いストレートやほぼ6速で切り返す高速S字など、ここも特徴的なコースレーアウトがわかります。

袋井も雑誌のテストでずいぶん走らさせてもらいました。

 

 

えっ、どこでこんな写真を撮ったのかって?

ここです。

歴史館.JPGのサムネール画像  

そう、浜松にあるスズキ本社の前にあるスズキ歴史館。昨日、本社に所用で行ったついでにここを覗いて来ました。

3Fのレトロなオートバイやクルマを見学するだけじゃなく、ここではいろんなモノ、コトを楽しめます。 その中でも個人的には2Fがお勧め。この写真はみんな2Fのものです。

 

そしてこんなものも...

 

 

シュミレーター.JPG  

航空自衛隊基地は浜松が発祥の地だったのだ! 

なんとT-2練習機のシュミレーターまでありました。

 

みなさん、このスズキ歴史館はツーリングの途中で寄ってもスンゲー楽しめますよ。入場料無料ってものウレシイです(^^)V      

ケンツカラー大集合!?

| コメント(2301) | トラックバック(0)

 

今日の日曜日は晴天の午前中から一転、昼過ぎから激しい雨となった。

それまで半袖でも汗ばんでいたのに、豪雨とともに気温が一気に下がり、今度は上にトレーナーを着こむほど。

昨日も真夏日に近いほどの気温を記録する暑さだったのに...

 

 

ケンツカラー.JPG

これはブラック/イエローのケンツカラーにペイントされたGSX-R1000K8に、スポンサーステッカーを貼る仕上げの作業。薄い石鹸水をボディに塗ってステッカーの位置決め&仮貼りをした後、このようにドライヤーを使用してボディの曲線に合わせながらステッカーを微妙に伸ばしたりして本貼りする。ついでに石鹸水をウェスや手で軽く押し出すようにするとエアも抜けるのだ。

ちなみにJTRUSTやKENZのURL、ゼッケンなどの文字ステッカーは、ローランドのコンピュータカッティングマシンですべて僕が作製しております。

昨日、引き取りに来店してくれたこのマシンのオーナーさん、出来上がりに大変喜んでくれました。

 

そのうちケンツカラーにペイントされたバイクを集めて、ミーティングでも開催しようかな。これまでざっと100台近くはケンツカラーにペイントしたと思うけど...(^^)V

 

ああ、今日中に雑誌の原稿を書き上げなければ...;^^A

 

 

 

快晴、もうこれ以上望めないような本当のレース日和。

昨日のテイストオブツクバ、通称TOTが筑波サーキット再開レースとなった。

 

天気のおかげ、そしてレース再開を祝ってくれてだろうか、早朝から多くの観客が筑波サーキットに来場してくれた。それは「もしかするとTOT始まって以来の最高観客数」とサーキット職員が言うほど。

 

鉄フレームの絶版車が繰り広げる白熱のレースを楽しみ、フリーマーケットでお得な買い物をし、お腹が空いたら出店の焼きそばやカレー、クレープを美味しく食す。

筑波サーキットに来場されたみなさん、TOTを楽しんでいただけましたか。

 

 

TOT.JPG

レースのインターバルで東日本大震災に対してのセレモニーが行われた。

観客を含めてサーキットにいる全員で黙とう。

 

こうして再びレースを再開させてもらえる有難さもかみしめながら...

 

オーバルコースで...

| コメント(2689) | トラックバック(0)

 

ときおり雨が強く降る筑波サーキット、オーバルコース。

えっ、オーバルコースって?

 

ここは筑波サーキット内にあるオートレース養成所施設のコース。普段はひっそり静まり返っていて、さらに一般の人は立ち入れないから、あまり知られてないかも...

 

この養成所も震災で1ヵ月以上閉鎖され、4月19日からオートレースの選手養成が再開、その様子を某誌で取材に行ってきた。

雨の中、5台から6台のダンゴ集団で走る訓練走行。まだ選手候補生といえど、なかなかの速さと迫力を見せてくれた。

候補生たちは会う人々に大きな声で挨拶が必至。整備工場内では3歩以上駆け足。エンジン始動時は必ず1人が後ろから押して助け合う。教官の指示でとにかくテキパキと行動する。

そう、体育会かそれ以上の規律でこの選手養成所は成り立っている。

 

あと2ヶ月もしないうちに候補生たちは卒業検定試験を受け、それにめでたく合格したら全国に6ヶ所あるそれぞれのオートレース場に彼らは配属となる。

そのための厳しい合宿生活はまだしばらく続く。

 

atusi.JPG

オートレース選手候補生、渡辺 篤。

頑張っていましたよ。

 

 

 

好天に恵まれ...

| コメント(2936) | トラックバック(0)

 

GW最終日の今日、まるで夏日の暑さになるような日差しが朝から照りつけている。

震災からほぼ2か月、ここにきてやっと筑波サーキットが稼働し始め、ツインリンクもてぎもコース補修真っ最中といったところらしい。

せめてもの考えだが、復興に向けては気候がどんどん良くなる時期でよかったのかもしれない。これが逆に寒さを迎える時期だったら、精神的なものも含めて負担はもっと大きくなったような気もする。

 

アスレティックトレーナー、立花龍司氏をご存じだろうか。

科学的根拠に基づいたトレーニングコーチとして近鉄やロッテで活躍した後、あの野茂やイチローに信頼されて個人トレーナーとして海を海を渡り、最終的にはニューヨークメッツで日本人として初のメジャーコーチを務めた人だ。

彼の信条はとにかくポジティブシンキング。こうしちゃダメではなく、こうすればいい。あっ、彼は野球が専門のトレーニングコーチだったから、高めに手を出すなではなく、低めを狙え、だ。

ネガティブシンキングからの不安感は委縮した心を生み失敗する確率が多くなり、逆にポジティブシンキングは楽しみの心を司り成功の確率が高くなる。この当たり前のことが、コーチという彼の経験談をもとにした講演をTVで見たり著書で読んだりすると、自分の中で力強く再確認できる。

 

そう、けっして人生はつらいものではない。人生は楽しいものなのだ。

 

ケニー.JPG

久々に登場、ケニー。

とってもポジティブシンキングなヤツ。