2012年6月アーカイブ

ちょっとした刺激が...

| コメント(4662) | トラックバック(0)

 

フルマラソンから3ヵ月、そのダメージは完全に癒えている。

しかし、しかしだ。現実は雨やら多忙やらを言い訳にして、このところのランニング量は週1.5くらいのペースに落ちている。ああ、このていたらく...

 

そんなときにケイが来店して言った。

「俺はバリバリに走ってますよ」

おー、欲しかったのはこの刺激。

 

てな感じで一昨日から毎日走ってるぜ。

んー、やっぱ走っていた方が体調がいいんだよね。とりあえず小雨でも走ろっと。

 

 

雲.jpg

梅雨の合間の好天。

早く梅雨が明けないかな。

 

 

 

 

もて耐公開練習

| コメント(2432) | トラックバック(0)

 

梅雨入り宣言した途端、蒸し暑い日々が続いく関東地方。早くもカラ梅雨の気配か?

まっ、それならそれでいいんだけどねぇ。

 

昨日は第1回もて耐公開練習で、TRMへ。

4サイクル250cc以下のオートバイというレギュレーションで8月末に行われる、この7時間耐久レース、今年は100台を超えるエントリーがあった。

うーむ、ということは残念ながら30台あまりのチームが予選を通過できないことになる。

が、しかしだ! なんとその対象チームは、予選後に4時間耐久レースに出場できるという、もて耐ならではのシステムが用意されているのだ。

 

 

TRM201206171634000.JPG

昨日は77チームの参加があり、ご覧の通り走行前のピットロードにはずらりと自慢の250ccレーサーが並んだ。

Ninja250、VTR250、スパーダ、CBR150のいつものメンバーに加え、ニューカマーCBR250が多かったな。もちろんオリジナル自作レーサーも目立っていた。

僕も初心者走行枠の講師としてGSX-R1000イントラ車で走ったけど、いい汗?をたっぷりかいた。汗でびしょにしょのインナースーツと革ツナギを脱ぎながら、ああ、またこういう季節になったんだなぁと実感。

 

さあ、もて耐にエントリーしたみなさん、次回の公開練習は7月27日。しっかりマシンを仕上げて、しっかり練習してくださいね。

 

 

 

 

 

 

テイストオブ筑波。

| コメント(3033) | トラックバック(0)

 

テイストオブ筑波、通称TOT。

ローマ字で書くとなぜか泣き虫っぽくなってしまうのが難点だが、筑波サーキットの2輪レースでは全日本ロードレースと肩を並べるくらい、観客の集まる大人気イベントレースだ。

 

一昨日の特スポは結構な雨にたたられたが、昨日の決勝レースは好天に恵まれて...

 

TCテント.jpg

必殺コントロールタワー3Fフカン写真、ご覧の通りパドックはテントが乱立する賑わい。

出店もタコ焼き、焼きそば、カレー、クレープ、アイスクリームのグルメから、パーツやウェア、そしてアウトレットまで、こっちも賑やかで...

 

FEAC.jpg

レースの方も大賑わい。

鉄フレームに空冷エンジンが基本のモンスタークラスは、フルグリッドで熱い戦いが繰り広げられ...

 

KR250.JPG

死後に行われたエキジビジョンレースでは、なんとカワサキKR250が出走。30年前のワークスマシンだよ!

水冷2サイクルタンデムツインのこのワールドチャンピオンマシン、じつは僕もここ筑波サーキットでテストしたことがあるのだ(^^)V

想像以上にトルクフルなエンジンに驚いたことを思い出した。

 

梅雨の合間のTOT、この人気イベントは大成功で幕を閉じた。

 

水無月。

| コメント(1104) | トラックバック(0)

 

穏やかな春、という日が幾日もないまま6月に突入した。

すると暦はいきなり正確になり、関東も間もなく梅雨入りという声が...

まっ、そうなったら道端に咲く紫陽花でも楽しむしかないか。

 

トレーニングを再開したものの、超スローペースの日々が続く。いや正確に言うと1週間に2回ランニングすればいい方という、サボリまくりのていたらくなのだ。

そんなとき、ケイから10月に開催されるタートルマラソン国際大会の話を聞いた。

 

ケイ 「オレはエントリーしましたよ。ハーフマラソンだから、来年3月のフルマラソン前としてちょうどいいから」

オレ 「ふーん」

と軽くスルーしてみたものの、翌々日にはネットでエントリーを済ませた。

 

やっぱ目標があったほうが全然いいや。

 

 

 

 

6_1-thumb-420xauto-2033.jpg

近ごろ思う。

おはよう。ありがとう。お疲れさま。

 

こんな超基本的な言葉を発せないヤツがけっこういる。

この単純な言葉には、相手をリスペクトする重要なメッセージがたくさん詰まっているのに。